研究テーマ

自律分散型市場理論

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部忠 1995 「市場価値論と動態的市場過程」   『経済理論学会年報』(青木書店), 32, 193-196
西部忠 2006 「情報と経済―グローバルとローカルの両視点から」  
 
中島尚正,原島博,佐倉統編, 『総合情報学 改訂版』, 放送大学教育振興会, 第5章(63-86)
西部忠 2002 「情報と経済」   中島尚正,原島博,佐倉統編, 『総合情報学』, 日本放送出版協会, 第5章
西部忠 1993 「社会主義経済計算論争の市場像―経済の調整と組織化」   東京大学経済学研究科, 博士学位取得論文
西部忠 1993 「社会的制度としての市場像―社会主義経済計算論争をめぐるハイエクとポランニーの市場像」  
 
伊藤誠,小幡道昭編, 『市場経済の学史的検討』, 社会評論社, 第7章(237-277)
西部忠 1995 「競争と動態の概念―市場価値論の課題」   『経済学研究』(北海道大学), 44, (4), 99-117
吉地望,西部忠 2004 「自律分散型市場における多層的調整企業モデル―マルチエージェントシミュレーションにもとづく」  
 
西部忠編著, 『進化経済学のフロンティア』, 日本評論社, 第6章(123-157)

「市場の内部化」論

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部忠 2014 「グローバリゼーション:「市場の内部化」による資本主義市場経済の進化」   『金沢大会発表論文集』, Japan Association for Evolutionary Economics The 18th Annual Meeting in Kanazawa University,, 進化経済学会, (18), 354-373
西部忠 1997 「労働力の外部商品化,内部商品化,一般商品化―『市場の内部化』による資本主義の進化―」   『経済理論学会年報』(青木書店), 第34集, 143-164
西部忠 2007 「市場の内部化と知識経済化」  
 
小幡道昭,青才高志,清水敦編, 『マルクス理論研究』, 御茶の水書房, 第7章(91-106)
西部忠 2006 「情報と経済―グローバルとローカルの両視点から」  
 
中島尚正,原島博,佐倉統編, 『総合情報学 改訂版』, 放送大学教育振興会, 第5章(63-86)
西部忠 2002 「情報と経済」   中島尚正,原島博,佐倉統編, 『総合情報学』, 日本放送出版協会, 第5章
西部忠 1993 「社会主義経済計算論争の市場像―経済の調整と組織化」   東京大学経済学研究科, 博士学位取得論文
西部忠 2002 「貨幣像の系譜学」   『批評空間』, 批評空間社, III-4, 42-58

貨幣論,地域通貨論

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
Kurita, K., Miyazaki, Y. and Nishibe, M. 2011 "Relationship between Shopping Streets and Community Currency Circulation : A Case Study of the City of Musashino, Tokyo, Japan"   Discussion Paper, Series A,, Graduate School of Economics and Business Administration Hokkaido University, 235, 1-18
Kurita, K., Miyazaki, Y. and Nishibe, M. 2011 "Relationship between Shopping Streets and Community Currency Circulation: A Case Study of the City of Musashino, Tokyo, Japan" The Proceedings of International Conference on Community and Complementary Currencies 2011,, University of Lyon, France, No. 61, 1-18
Kichiji, N. and Nishibe, M. 2011 "The Comparison in Characteristics between Dispersive and Concentrated Money Creation" International Conference on Community and Complementary Currencies 2011,, ENS de Lyon, site Descartes, Lyon, France, 2011年2月16日
Kichiji, N. and Nishibe, M. 2011 "The Comparison in Characteristics between Dispersive and Concentrated Money Creation" The Proceedings of International Conference on Community and Complementary Currencies 2011,, University of Lyon, France, No. 90, 1-12
Kichiji, N. and Nishibe, M. 2011 "The Comparison in Transaction Efficiency between Dispersive and Concentrated Money Creation"   Discussion Paper, Series A,, Graduate School of Economics & Business Administration, Hokkaido University, 237, 1-12
Nishibe, M. 2012 "The Present Problem of the Hokkaido Regional Economy and a Remedy: A Reform Plan of the Institution of Money and Finance by Using Hokkaido Community Currency"   Evolutionary and Institutional Economic Review,, 9, (Suppl.), 113-133
Kichiji, N. and Nishibe, M. 2012 A comparison in transaction efficiency between dispersive and concentrated money creation   International Journal of Community Currency Research,, 16, (D), 49-57

経済学史,経済思想

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部忠 1996 「レトリックとリアリズム―方法の復権―」   『批評空間』(太田出版), II-10, 129-145
西部忠 1997 「互酬的交換と等価交換―再生産経済体系における価格の必要性―」   『経済学研究』(北海道大学), 47, (1), 25-42
西部忠 2001 「分業の動態的メカニズム―スミス『国富論』冒頭4章の再検討―」  
 
伊藤誠編, 『資本主義経済の機構と変動』, お茶の水書房, 第2章(37-70)
西部忠 1997 「労働力の外部商品化,内部商品化,一般商品化―『市場の内部化』による資本主義の進化―」   『経済理論学会年報』(青木書店), 第34集, 143-164
西部忠 2000 「地域通貨の意義と可能性―貨幣と言語を統合するコミュニケーション・メディア」   『アステイオン』(株式会社ティビーエス,ブリタニカ), 53, 127-162
西部忠 2001 「地域通貨の現実性と可能性」   『季刊理戦』(実践社), 66, 148-162
西部忠 1996 「新古典派経済学の諸潮流」  
 
伊藤誠編, 『経済学史』, 有斐閣, 第7章(161-194)

進化経済学

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
橋本敬・西部忠 2011 「制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション」 『進化経済学論集』(進化経済学会), 15, 605-623
橋本敬,西部忠 2011 「制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション」   『進化経済学会論集』(進化経済学会) , 15, 605-623
橋本敬・西部忠 2012 「制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション」   『経済学研究』(北海道大学大学院経済学研究科), 61, (4), 131-151
橋本敬,西部忠 2011 「制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション」(企画セッション「制度生態系アプローチの理論と応用」)   第15回進化経済学会, 名古屋大学, 2011年3月20日
西部忠 2001 「地域通貨から進化主義的制度設計を考える」   『学際』(構造計画研究所), 3, 37-47
西部忠 2006 「地域通貨の政策思想」   『進化経済学論集』(進化経済学会), 10, 337-346
西部忠 2006 「地域通貨を活用する地域ドック―苫前町地域通貨の流通実験報告から―」   『地域政策研究』(地方自治研究機構), 34, 40-56