西部ゼミ紹介

注目

専修大学経済学部 平成29年度出来立てホヤホヤの新しいゼミナールです!

テーマ

進化経済学:経済を<進化>の視点でとらえる

教授紹介

西部忠(にしべまこと)教授

1962年2月20日生まれ。東京大学経済学部卒,カナダ,ヨーク大学大学院修士課程修了,東京大学大学院経済学研究家博士課程修了。経済学博士。北海道大学名誉教授、専修大学教授。日本進化経済学会副会長,RAMICS(Research Association on Monetary Innovation and Community and Complementary Currency Systems)理事。

専門はマルクス、ハイエク、ケインズを含む進化経済学。地域通貨,仮想通貨などの貨幣進化の研究に従事。主著に,『経済から見た国家と社会』(編著,岩波書店,2016),『進化経済学基礎』(日本経済評論社,2015),『貨幣という謎』(NHK出版新書,2014),『地域通貨』(編著,ミネルヴァ書房,2013),『資本主義はどこへ向かうのか』(NHK出版,2011),『進化経済学のフロンティア』(編著,日本評論社,2004)等。

フットワークが軽くフレンドリーな教授です。年齢が僕たちの親世代なので、とても話しやすいです。

活動内容

<通常活動>

現在は各々気になったニュースを背景まで深読みし、毎週一人ずつ発表したり、本を1冊決めてグループごとに輪読発表をするといった活動をしています。発表後にはゼミ生全員参加で話し合い、理解を深めていきます。

<特別活動>

29年度は「かがわ・山なみ芸術祭」でLifeという地域通貨を実際に運用された浅見さんのお話を聞かせていただきました。西部ゼミでは時々地域通貨に携わっている方をお招きして講義をしていただくことがあります。30年度はビヨンドブロックチェーンの第一人者であり、慶應義塾大学で講師をされている斉藤賢爾先生のセミナーにも参加させていただきました(GML主催)

<ゼミ合宿>

今年の夏は山中湖で1泊2日のゼミ合宿を行いました。ゼミ合宿ではテーマを決めてディベート大会を開催しました。

<今後のゼミ活動の予定>

実際に地元で運用されている地域通貨を現地に行って学ぶ、フィールドワークを実施する予定です。今後の活動は随時ホームページを更新してお知らせします。

備考・お知らせ

※本サイトは西部先生が北海道大学に在籍していた頃のホームページを引き続き使用しております。

※過去の投稿のタブが反映されませんので、過去の投稿をご覧になる場合はアーカイブの例えば、「2017年5月」等のタブをクリックしてください。よろしくお願いします。

※学生有志でオリジナル通貨つくりました!Twitterをご確認ください!https://twitter.com/sendaitsu_ka

6月22日 ディベート



テーマ:戦争のぜひ

反対派(3班)の意見:

 戦争の反対派として基本的で常識的な立論をもとに発言した。
常識で言っても結局戦争をしてはいけない理由としては当然な理由であった考えたので倫理的な問題や経済的な理由を取り上げながら発表をした。実際に、国際事情の中でも戦争の問題として倫理性と経済的な理由がたくさん取り上げているので戦争を止める理由としては重要なことではないかと考えた。残念だと思ったのはその常識的な立論の中でも多くの資料や確実なデータがあるので、現在の戦争による具体的な被害状況の情報や戦争を避けるための確かな対策をとりあげて説明した方が良かったのではないかというところだ。それ以外に反対派の意見に対する反論も確実な情報のもとではなく推測性のもとで発言いたと感じたのでより確かな情報を確保をする必要があると考えた。



22年06月22日のディベート

バクスンビン作成

反対(3班) 主な主張:

① 大切な命がなくなる
② 経済的な損失が大きい
③自衛や制裁戦争より経済制裁をした方が安定的

賛成(2班) 主な主張:

①平和を保つ十分な手段は​
確立されていない​
​②生物としての欲動の行為​

点数(総合点数)賛:反=375:383

総評:ディベート発表に対する戦争を反対しているけど賛成の意見を話すことが難しかった、ディベートっぽい話題となったという意見が出た。

猫塚:準備した内容の二割しかできなかった。

キム:反論する力を育ちたい

自分の評価:賛成派に不利で反対派に有利なテーマだったのでそこを考えて評価に反映する必要性があると考える。

22年6月22日ニュース発表 バク

米国最大の取引上であるコインベースのCEO が会社から出て信用できる会社を見つけてくださいという内容のツイートから20%も解雇しないといけないぐらいの厳しい状況となっていることは確かである。これを通じてウクライナ戦争やFEDからの0.75%に達する金利上げも仮想通貨市場に十分な影響を与えていることから株式市場と価格変動の方向性が一体化されているのではないかと考えた。https://drive.google.com/file/d/1cZdK9BN0Y1Hnz00nnsrR0h_UbzBdQFoQ/view

ニュース発表 2022/06/08

2022/06/08 ニュース発表です

最近話題のSTEPN。仮想通貨を使ったNFTゲームなのですが、今まで出てきたNFTゲームとは異なります。ゲームをして稼ぐのではなく自分が現実世界で歩いたり、走ったり移動することでお金がもらえる 「Move to Earn」という仕組みを作り出しました。自分はやっていないのですが実際どのように稼ぐのか気になったのでニュース発表させていただきます。

2020/12/2 ニュース発表 EU復興基金

 欧州でも猛威を振るっている新型コロナウイルス。経済回復に向けての「復興基金」についてのニュースを取り上げました。このEU内で93兆円規模の復興基金が運用される予定でしたが運用が遅れる可能性が出ています。EUでの予算案は、全加盟国の承認がないと実行することができません。今回の復興基金については、ポーランドとハンガリーが反対していることにより運用が遅れる可能性が出ています。

以下に当日使用した資料を添付します。

2020/12/2 地域通貨「ロマン」

ニュースの内容

 地域通貨「ロマン」が八女市から発行流通され、その事が記事になったので取り上げました。この地域通貨に使われている「まちのコイン」が今様々な場所で使われており、システムもポイント=現金ではなく、ボランティア活動などを通じてポイントがもらえ、ポイントは物を買ったりするのではなく、商品の割引や体験活動に使えコミュニケーションの側面が強いものとなっています。HP等の情報はPDFに張ってありますので、興味のある方は是非見てみてください!

2019/10/9 ディベート NHKスクランブル放送化の是非 賛成派 1班

1班(須藤・池亀・館林・藤井・下川)です。

 今回ディベートのテーマはNHKスクランブル放送化の是非でした。私たちの班は賛成派の立場から、放送の中立性の担保・公平な徴収・受信料徴収の緩和の3つの論点で勝負しました。基本的にスクランブル放送化をしても放送の中立性は保たれるということを中心に主張し、他の二つの論点は補足的な形で使いました。結果としては負けてしまいましたが、議論のレベルが上がってきているということもあり、いい勝負ができたと思います。今回のディベートの反省点としては、選択の自由ということを強調できなかった点です。この点を強調出来ていたら勝敗は勝っていたかもしれませんでした。

 また、聴取側の評価の仕方についてしっかり評価できていないという課題が上がったので、この点についてもレベルアップしていきたいです。

以下に当日使用した資料を添付します。

夏ゼミ合宿2019 9/21~9/22

 千葉県の御宿町にあるセミナーハウスにて1泊2日の夏合宿を行いました。

 先日の大型台風の影響が心配されましたが、気持ちの良い天気でした。

 1日目は電車を使って御宿まで行き、駅からセミナーハウスまで歩いて行きました。セミナーハウス到着後、ディベートを始めました。

・著作権意義に関する是非

・日本における商業捕鯨の是非

・NHKのスクランブル放送化の是非

・原発稼働完全廃止の是非

夏休みを利用し取り組んだ今回のディベートは、先生も太鼓判を押す内容の濃いディベートが出来ました。

 夕食後、西部先生の部屋にお邪魔して、ゼミ生と先生の親睦を深めました。

 2日目は、朝食後にセミナーハウスの近くの海岸に行き、月の砂漠記念館で御宿発信の文化を堪能しました。


 その後、みんなで昼食を食べてから御宿駅まで歩き解散しました。

 無事にゼミ合宿を終え、ゼミ内の雰囲気も良くなり、後期への良い励みになりました。

2019/7/24 ディベート ペット売買の是非 賛成派 6班

今回はペット売買の是非というテーマでディベートを行いました。私たち6班は賛成するにあたって、ペットの子供の成長への影響や、ペットビジネスの観点を軸に主張しました。結果としては負けてしまいました。敗因としては、私たちの主張に一貫性があまりなかったように感じました。相手の命を売買することはどうなの?という主張に対して、私たちが挙げた立論よりも、人間も昔は奴隷であったように、ペットは支配されるものであるという主張を押し通していくことが重要でした。今回の経験を合宿で生かせるように頑張りたいです。

以下に当日使用した資料を添付します。