西部ゼミ紹介

注目

専修大学経済学部 平成29年度出来立てホヤホヤの新しいゼミナールです!

 

 

テーマ

進化経済学:経済を<進化>の視点でとらえる

教授紹介

1962年2月20日生まれ。東京大学経済学部卒,カナダ,ヨーク大学大学院修士課程修了,東京大学大学院経済学研究家博士課程修了。経済学博士。北海道大学名誉教授、専修大学教授。日本進化経済学会副会長,RAMICS(Research Association on Monetary Innovation and Community and Complementary Currency Systems)理事。

専門はマルクス、ハイエク、ケインズを含む進化経済学。地域通貨,仮想通貨などの貨幣進化の研究に従事。主著に,『経済から見た国家と社会』(編著,岩波書店,2016),『進化経済学基礎』(日本経済評論社,2015),『貨幣という謎』(NHK出版新書,2014),『地域通貨』(編著,ミネルヴァ書房,2013),『資本主義はどこへ向かうのか』(NHK出版,2011),『進化経済学のフロンティア』(編著,日本評論社,2004)等。

フットワークが軽くフレンドリーな教授です。年齢が僕たちの親世代なので、とても話しやすいです。

ゼミ生(1期生)から一言

経済学科3年 佐名木

音楽と読書が趣味です。ゼミでは読んだ本についてゼミ生と議論を交わしていきたいです。

経済学科3年 古森

嵐と西野カナが好きです!ゼミでは今後の地域通貨の在り方について話し合いたいです。

国際経済学科3年 山口

趣味はピアノとダンスをしています!このゼミで得られるものはすべて吸収する、そんな勢いで活動していきます!よろしくお願いします!

国際経済学科3年 須藤

好きなことはバスケやラグビーなど身体を動かすことです。ゼミナール活動を通して専門知識を付けていきたいと思います。

国際経済学科3年 佐藤

サッカー観戦が趣味です!ゼミで多くの事を学び、将来に生かしていきたいです。

活動内容

<通常活動>

現在は各々気になったニュースを背景まで深読みし、毎週一人ずつ発表するという活動をしています。発表後にはゼミ生全員参加で話し合い、理解を深めていきます。

<特別活動>

上記に載っている写真は7月5日のゼミのものです。「かがわ・山なみ芸術祭」でLifeという地域通貨を実際に運用された浅見さんのお話を聞かせていただきました。西部ゼミでは時々地域通貨に携わっている方をお招きして講義をしていただくことがあります。

<ゼミ合宿>

今年の夏は箱根で1泊2日のゼミ合宿を行いました。ゼミ合宿では教授の執筆した「貨幣という謎」という本を各自レジュメに内容をまとめ発表しました。

<今後のゼミ活動の予定>

実際に地元で運用されている地域通貨を現地に行って学ぶ、フィールドワークを実施する予定です。今後の活動は随時ホームページを更新してお知らせします。

 

備考・お知らせ

※本サイトは西部先生が北海道大学に在籍していた頃のホームページを引き続き使用しております。

※過去の投稿のタブが反映されませんので、過去の投稿をご覧になる場合はアーカイブの例えば、「2017年5月」等のタブをクリックしてください。よろしくお願いします。

 

 

2018/12/05 輪読『進化は万能である』第13章 政府の進化

4班(須藤・佐名木・古森)です。

今回は、第13章・政府の進化を輪読しました。

この章は主に、現代の政府の成り立ち・~主義といった観点から政府を捉えています。

以下に当日使用した資料を添付します。

ゼミ輪読 第13章 政府の進化

2018/10/31 進化は万能である 第5章

第5章文化の進化、 担当は4班(須藤,古森、佐名木)です。

この章のポイント

文化はあとから考えればわかりきった変化をするが,その変化は予測できず,変化を起こさせることもできない。

文化は進化する。

ここであげられている文化の例は言語,婚姻,都市,制度と様々であるがいずれの変化も進化現象である。

レジュメ  進化は万能である5章4班 

2018/10/17 進化は万能であるプロローグ/1章

後期のゼミは輪読をおこないます。使用する書籍は以下です。

 進化は万能である 人類・テクノロジー・宇宙の未来

マットリドレー

早川書房 (2018)

今回の担当は4班(須藤,佐名木,古森),プロローグから第1章宇宙の進化です。

この章は今後の筆者の主張の肝となる重要な章です。まとめると

・進化は,上からでなく起こるべくして自然に起きる

・トップダウンではなくボトムアップの考え方とすべき

となっています。

レジュメ 「進化は万能である」プロローグ~第1章 4班

 

 

2018/10/9 合宿ディべート 3位決定戦(反対派)

4班(須藤・池亀・山本)です。

今回の合宿ディべートの題目は成人年齢の引き下げについてです。

私たちは反対側として臨みましたが、結果は残念ながら敗北。

ただ、引き下げ論だけではなくむしろ引き上げるとったような別の視野から捉えることを学べました。

下に添付したものが当日使用したPPTです。

成人年齢引き下げについて

夏合宿2018 9/19~9/20

山梨県の山中湖セミナーハウスにて1泊2日の夏合宿を行いました。

1日目は乗るバスを間違えてしまい、到着時刻が遅れてしまうというアクシデントに見舞われましたが、予定していたディベート大会3戦を無事にやり遂げました。    ディベートテーマは                             AIの是非について                              安楽死の是非について                            18歳成人の是非について                           

夕食はみんなでバーベキューをして、夜はゼミ生でトランプやゲームをするなどして親睦を深め、楽しい時間を過ごしました。

2日目は生憎の雨でしたが、ゼミ合宿を無事に終えることができ、後期への良い弾みになりました。

夏合宿ディベート大会 安楽死是非 賛成派

安楽死 立論

賛成派の立論として以下の3つを挙げた。                             1.憲法的な考え方                                2.個人の考え方                                 3.医者が罪に問われないために

<感想>                                           安楽死のテーマを扱って、安楽死の良し悪しを結論付けることは難しく、国の倫理観にも左右されるので安易な結論を出すことはできないと思った。だが、良かった点としては憲法第13条を元に立論できたことが挙げられると思う。反省点としては、相手からの質問を自分の聞き間違いによって相手との差異が生じてしまい質問を正確に回答できなかった点である。今後のディベートではこの点に気を付けて取り組んでいきたいと思う。

 

 

夏合宿ディベート大会 AIについて 反対派

AI反対派 立論

反対派の立論に対し賛成派からは                      ①AIとの共存はできないのか                         ②AIの行う介護はマニュアル的だが、そのような形を望む人もいるのではないか  等の質問があったが、こちらの回答として、                  ①仕事を奪われることになれば、共存は難しいことになっていく        ②AIはあくまで人間の補助であり、顔色などの微妙なニュアンスは人の目でなければ読み取れないのではないか                          という回答をした。                             再立論として、                               ①電子辞書や計算機に小さいころから頼るのは教育によくないこと        ②言葉と表情のニュアンスの読み取りはAIでは人に劣ること           ③自動運転などのAI技術が100パーセントの安全性ではないこと          を再主張した

夏合宿 ディベート AIは人間にとって善か悪か(賛成派)

今年の夏合宿は、前期に引き続きディベートを行いました。予選一回戦は「AIの是非」1班(古森、橋本、近藤、前澤)は賛成立場で行いました。

主張となる立論として

自動翻訳、自動運転、仕事の効率化

を立てました。

パワーポイント ゼミ合宿AI1班

参考資料 AI1班

死刑制度賛否 反対派 7月23日

死刑制度反対論

感想

実際に初めてディベートをやってみて、いくつか反省点が見つかった。私たちは立論で憲法を取り上げたが、憲法の解釈が間違っていた。また相手がどういう意見を言ってくるのかをあらかじめ想定しておき、それに対しての対策を前もって練っておくことが大切だと感じた。逆に良かった点としては、えん罪など、実際にあった例を取り上げて説明できた点が挙げられる。今回の反省を生かして、次回につなげたいと思う。

死刑制度についてのディベート(賛成派)2018/7/18

ディベートB班 7.18

<感想>

私たちにとって初めてのディベートとなった今回は改善点がいろいろとあった。

何より大事なことは、自分たちの主張を曲げずにいかに相手を負かせるかであり、次はそれを崩さずに、他にも基本的なことをきちんと守りながら勝てるように努力したい。