西部ゼミ紹介

注目

専修大学経済学部 平成29年度出来立てホヤホヤの新しいゼミナールです!

テーマ

進化経済学:経済を<進化>の視点でとらえる

教授紹介

西部忠(にしべまこと)教授

1962年2月20日生まれ。東京大学経済学部卒,カナダ,ヨーク大学大学院修士課程修了,東京大学大学院経済学研究家博士課程修了。経済学博士。北海道大学名誉教授、専修大学教授。日本進化経済学会副会長,RAMICS(Research Association on Monetary Innovation and Community and Complementary Currency Systems)理事。

専門はマルクス、ハイエク、ケインズを含む進化経済学。地域通貨,仮想通貨などの貨幣進化の研究に従事。主著に,『経済から見た国家と社会』(編著,岩波書店,2016),『進化経済学基礎』(日本経済評論社,2015),『貨幣という謎』(NHK出版新書,2014),『地域通貨』(編著,ミネルヴァ書房,2013),『資本主義はどこへ向かうのか』(NHK出版,2011),『進化経済学のフロンティア』(編著,日本評論社,2004)等。

フットワークが軽くフレンドリーな教授です。年齢が僕たちの親世代なので、とても話しやすいです。

活動内容

<通常活動>

現在は各々気になったニュースを背景まで深読みし、毎週一人ずつ発表したり、本を1冊決めてグループごとに輪読発表をするといった活動をしています。発表後にはゼミ生全員参加で話し合い、理解を深めていきます。

<特別活動>

29年度は「かがわ・山なみ芸術祭」でLifeという地域通貨を実際に運用された浅見さんのお話を聞かせていただきました。西部ゼミでは時々地域通貨に携わっている方をお招きして講義をしていただくことがあります。30年度はビヨンドブロックチェーンの第一人者であり、慶應義塾大学で講師をされている斉藤賢爾先生のセミナーにも参加させていただきました(GML主催)

<ゼミ合宿>

今年の夏は山中湖で1泊2日のゼミ合宿を行いました。ゼミ合宿ではテーマを決めてディベート大会を開催しました。

<今後のゼミ活動の予定>

実際に地元で運用されている地域通貨を現地に行って学ぶ、フィールドワークを実施する予定です。今後の活動は随時ホームページを更新してお知らせします。

備考・お知らせ

※本サイトは西部先生が北海道大学に在籍していた頃のホームページを引き続き使用しております。

※過去の投稿のタブが反映されませんので、過去の投稿をご覧になる場合はアーカイブの例えば、「2017年5月」等のタブをクリックしてください。よろしくお願いします。

※学生有志でオリジナル通貨つくりました!Twitterをご確認ください!https://twitter.com/sendaitsu_ka

2019/10/9 ディベート NHKスクランブル放送化の是非 賛成派 1班

1班(須藤・池亀・館林・藤井・下川)です。

 今回ディベートのテーマはNHKスクランブル放送化の是非でした。私たちの班は賛成派の立場から、放送の中立性の担保・公平な徴収・受信料徴収の緩和の3つの論点で勝負しました。基本的にスクランブル放送化をしても放送の中立性は保たれるということを中心に主張し、他の二つの論点は補足的な形で使いました。結果としては負けてしまいましたが、議論のレベルが上がってきているということもあり、いい勝負ができたと思います。今回のディベートの反省点としては、選択の自由ということを強調できなかった点です。この点を強調出来ていたら勝敗は勝っていたかもしれませんでした。

 また、聴取側の評価の仕方についてしっかり評価できていないという課題が上がったので、この点についてもレベルアップしていきたいです。

以下に当日使用した資料を添付します。

2019/7/24 ディベート ペット売買の是非 賛成派 6班

今回はペット売買の是非というテーマでディベートを行いました。私たち6班は賛成するにあたって、ペットの子供の成長への影響や、ペットビジネスの観点を軸に主張しました。結果としては負けてしまいました。敗因としては、私たちの主張に一貫性があまりなかったように感じました。相手の命を売買することはどうなの?という主張に対して、私たちが挙げた立論よりも、人間も昔は奴隷であったように、ペットは支配されるものであるという主張を押し通していくことが重要でした。今回の経験を合宿で生かせるように頑張りたいです。

以下に当日使用した資料を添付します。

2019/7/24 ディベート ペット売買の是非 反対派 5班

今回はペット売買の是非というテーマでディベートを行いました。私たちは5班は反対するにあたって、命の売買で利益を得ることはいいことのなのか、またペットショップで売れ残ってしまった動物たちの行方などを取り上げました。結果として勝つことはできましたが、ディベートをしている最中は正直負けたかなと思っていました。その理由としては、始まる前から少し弱気でいたことと、立論が少しぶれてしまったということが原因だったと思います。これらを改善して、次の合宿のディベートに挑みたいです。

以下に当日使用した資料を添付します。

2019/7/24 ディベート 結婚式を挙げることの是非 反対派

今回のディベートテーマは結婚式を挙げることの是非でした。

私たち3班(橋本・柴田・小松崎・柳)は反対するにあたって、費用面や習慣に対する疑問などを挙げました。このディベートで学んだこととしては、本質はどこにあるのか、ということです。結婚式について語るには、まず結婚とはどのようなことなのか班全員が理解していることが大事でした。今回あまり話し合いの機会が作れず、視点の少なさも目立ちました。夏休みのディベートでは”本質”がどこにあるのかよく考えて戦いたいと思います。

以下に当日使用した資料を添付します。

2019/7/17 ディベートベーシックインカムの是非 反対派 6班

今回のディベートテーマはベーシックインカムの是非でした。私たち6班は賛成するにあたって、財源問題やBIを続けられなくなった場合のこと、フリーライダーが出てくることなどを挙げました。結果としては私たちの班が勝ちましたが、このディベートで学んだこととしては、しっかりとしたテーマの定義づけをすることが重要だと感じました。定義がしっかりしていないと話し合いにすれ違いが生じてしまい空中戦になってしまいます。今回の経験を夏の合宿で生かせるように頑張りたいです。

以下に当日使用した資料を添付します。

2019/7/12 ディベート 運転免許に年齢制限を設けることの是非 賛成派

今回のディベートテーマは運転免許に年齢制限を設けることの是非でした。

私たち3班(柴田・橋本・柳・小松崎)は賛成するにあたって、高齢者ドライバーの事故件数・身体能力の低下と自信過多・免許返納の特典を挙げました。反省点としては、個人ドライバーよりも公共機関強化に力を入れるべきの論拠があいまいであったこと・視点の少なさ(反対派のテクノロジーの部分は賛成側でも使える論点であった)などが挙げられます。

また、立論の強さも重要ではありますが、発表の仕方・聴衆への訴え方が班としてまだまだなので、各自努力していきたい点です。

以下に当日使用した資料を添付します。

2019/7/3「お金2.0」

6班(前澤 三富 須藤)です。

今回は佐藤航陽著『お金2.0』の第3章「価値主義とは何か」p177~章の終わりまでを担当しました。

この章では、経済は複数あってその中から自分に適した経済を選ぶことができれば、多くの人がリスクを取って積極的に挑戦できるようになるといった主張や著者の考える時間経済、また人の価値を市場で決めるVALUについても述べられています。

お金だけが主体の今の社会において、時間とお金を主体とした時間経済の考え方は、新鮮な考え方だと思いました。

以下に当日使用した資料を添付します。

6/26「お金2.0」

5班(林、舘林 、古森 )です。

今回は、佐藤航陽著『お金2.0』の第3章「価値主義とは何か」p148~p156までを担当しました。

この章では、法定通貨に変わる価値あるものとして、限界を露呈し始めた資本主義から、内面的かつ感情的な価値主義に重きをおくべきだと述べられています。

以下、当日使用したまとめ資料になります。

お金2.0 4班 6/26

新しい経済のルールと生き方として、今ある経済システムの代替、自立分散型というシステムが今後普及していくとまとめられています。

実際にまとめてみて、現在の経済のルールから、今後どういうルールに変わっていくかということがわかりました。読んでみて、とてもわかりやすかったです。

2019/6/19『お金2.0』

2班(松本 川村 柳 藤井)です。

今回は、佐藤航陽著『お金2.0』のダ第1章p50~p78までを担当しました。

この章の内容は次の通りです。持続的かつ自動的に発展していくような経済システムには5つの要素が必要であり、インセンティブ、リアルタイム、不確実性、ヒエラルキー、コミュニケーションの5の要素が備わっている経済システムは発展する。さらに、その経済に持続性を持たせるためには、あらかじめ寿命を考慮しておくことと参加者が共同幻想を抱いている場合、経済システムの寿命が飛躍的に伸びると著者は主張していました。

以下は当日使用した資料です。