研究テーマ

自律分散型市場理論

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部忠編著 2004 『進化経済学のフロンティア』   日本評論社
西部忠 1996 『市場像の系譜学―「経済計算論争」をめぐるヴィジョン―』   東洋経済新報社
西部忠著,李洪洛訳 2006 『地域通貨を知ろう(韓国語版)』 Don Quixote Korea
西部忠 2002 『地域通貨を知ろう』   岩波書店
西部忠 2004 「都市再生と人間開発」  
 
植田和弘,神野直彦,西村幸夫,間宮陽介編, 『都市経済と産業再生:都市の再生を考える4』, 岩波書店, 第8章(209-242)
西部忠 2011 「資本主義はどこへ向かうか」 マルクス理論研究会, 専修大学, 2011年12月17日
西部忠 1998 「資本主義の強さとは何か?―所有権,インセンティヴ,技術革新―」   『比較経済体制研究』(比較経済体制研究会), 5, 3-20

「市場の内部化」論

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部忠 2011 『資本主義はどこへ向かうのか―内部化する市場と自由投資主義』   NHK出版
西部忠 1996 『市場像の系譜学―「経済計算論争」をめぐるヴィジョン―』   東洋経済新報社
西部忠 2011 「資本主義はどこへ向かうか」 マルクス理論研究会, 専修大学, 2011年12月17日
西部忠 2002 「貨幣像の系譜学」   『批評空間』, 批評空間社, III-4, 42-58
西部忠 1993 「社会主義経済計算論争の市場像―経済の調整と組織化」   東京大学経済学研究科, 博士学位取得論文
西部忠 2002 「情報と経済」   中島尚正,原島博,佐倉統編, 『総合情報学』, 日本放送出版協会, 第5章
西部忠 2006 「情報と経済―グローバルとローカルの両視点から」  
 
中島尚正,原島博,佐倉統編, 『総合情報学 改訂版』, 放送大学教育振興会, 第5章(63-86)

貨幣論,地域通貨論

経済学史,経済思想

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部 忠 2017 資本主義に代わるオルタナティブ 『季刊ピープルズ・プラン』, ピープルズ・プラン研究所, 77
西部忠編著 2004 『進化経済学のフロンティア』   日本評論社
F・A・ハイエク著,池田幸弘,西部忠訳 2012 『貨幣論集(ハイエク全集 第II期)』   春秋社
西部忠 2017 『経済から見た国家と社会』   リーディングス戦後日本の思想水脈, 岩波書店, 8
西部忠 1996 『市場像の系譜学―「経済計算論争」をめぐるヴィジョン―』   東洋経済新報社
西部忠 2005 「進化経済学の現在」  
 
吉田雅明編, 『経済学の現在2:経済思想2』, 日本経済評論社, 第1章(3-96)
西部忠 2000 「進化経済学の概念的,方法的基礎―メタファー,アナロジー,シミュレーション―」   『経済学研究』(北海道大学), 50, (1), 69-82

進化経済学

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部忠,吉田雅明,江頭進,橋本敬,澤邉紀生 2015 『進化経済学基礎』増補第二刷   日本経済評論社, 1-308
西部忠,吉田雅明他編著 2010 『進化経済学・基礎』   日本経済評論社
西部忠編著 2004 『進化経済学のフロンティア』   日本評論社
西部忠,草郷孝好,吉地望,橋本敬,小林重人,栗田健一,吉田昌幸,宮﨑義久 2012 『地域通貨を活用したコミュニティ・ドックによる地域社会の活性化』   西部忠, (全労済協会公募研究シリーズ25), 全労済協会
西部忠 2004 「都市再生と人間開発」  
 
植田和弘,神野直彦,西村幸夫,間宮陽介編, 『都市経済と産業再生:都市の再生を考える4』, 岩波書店, 第8章(209-242)
西部忠 2012 「進化経済学をつかう―制度・進化・政策」 進化経済学会九州部会, 九州産業大学, 2012年3月13日
西部忠 2005 「進化経済学の現在」  
 
吉田雅明編, 『経済学の現在2:経済思想2』, 日本経済評論社, 第1章(3-96)

その他

投稿者 タイトルアイコンの並べ替え 説明
西部忠編著 2004 『道州制移行への提言―危機に立つ日本と北海道・再生に向けて―(道州制道民臨調報告)』   北海道未来総合研究所
西部忠 2004 「組織と個人の関係=コミュニケーションの再構築は可能か?」   『InterCommunication』(NTT出版), 50, 28-37
西部忠 2011 「深刻化する不公正の拡大(観測気流)」   『北海道新聞』, 2011年11月17日朝刊, 10
西部忠 2007 「地域創造性開発の基本的視点」   『地域の「創造性」向上を目指した再生のあり方』, 未来総合研究所, 第1章(25-39)